定時制高校 学費

公立定時制高校と私立の学費の紹介です
スマートフォンはこちらから

■公立定時制高校の学費

公立定時制高校の魅力は、学費が安いことですね。併置型高校を例にとりました。

□夜間
授業料 月2,700円, 給食費月5,300円, PTA会費月300円, 生徒会費月400円, 積立月金3,000円
(月支払い合計金額 11,700円)
□昼間
授業料月2,700円, PTA会月費300円, 生徒会費月400円, 積立金月 5,950円
(月支払い合計金額 9,300円)

■私立定時制の学費

(東京都)
□中央大学:
平成26年度予定
年間授業料450,000円,入学金259,500円, 施設設備費250,000円, 積立金120,000円,
初年度納入金約1079,500円

□科学技術学園:
年間授業料360,000円 入学金200,000円 施設設備費160,000円(入学時のみ), 校費40,000円(年額) 積立金10万5千円
初年度納入金約 865,000 円

□駿台学園:
年間授業料144,000円, 入学金 80,000円, 施設費 80,000円, 冷暖房費等12000円、諸会費16,600円
初年度納入金約 332,600円

中央大学は定時制といっても、校地などの設置基準の関連で定時制に分類されていますが、 実質は全日制と大差ありません。 全日制も含めたなかで難関校とされています。
科学技術学園も昼間定時制。 偏差値35  各大学への指定校推薦あり。 倍率は推薦、一般ともに1倍程度です。

■就学支援金新制度

平成26年度入学者から、就学支援金新制度が適用されます。
新制度により公立と私立の格差がなくなる一方で、一定の収入以上の家庭の生徒には就学支援金は支給されなくなりました。
支援金の基本となる金額は、私立定時制定額授業料の場合月額9900円ですが、一定の条件のもとに基本となる金額の
1.5倍〜2.5倍の支援金が支給されます。
詳しくは、当サイトの「就学支援金新制度の理解」ページへ。

■奨学金制度

高等学校定時制通信制課程修学奨励金 公立の定時制高校生であって、世帯の年収基準や本人が仕事についていること などを条件に奨学金が貸与されます。
県ごとに条件に相違があるので希望する場合は県に確認する必要があります。



カテゴリ内メニュー
定時制高校 どんな学校?
公立定時制高校の特徴

TOP高校中退時の必要知識
copyright:7train all rights reserved.