サポート校は高校?

不登校対応型と高卒資格対応型サポート校の役割とは
スマートフォンはこちらから

■サポート校とは

通信制高校に在籍をしている人を対象に、通信制高校を卒業できるように学習面や生活面で支援していくことを 目的とした民間の教育施設です。
みなさんが思い浮かべる学校(中学校や高校)とは違い、塾と同じ無認可校です。
実際に大手塾などもサポート校に進出しているケースも見られます。
また、サポート校の中には、フリースクールと称しているところもあり、不登校生徒を支援したり、高卒認定 試験のサポートも守備範囲にしているところもあります。
いずれの場合も、学校教育法に定める1条校ではありませんが、無認可校なので自由な教育を提供できるという 特徴があります。

高校卒業資格を目的にサポート校に入学する場合は、入学と同時にサポート校が連携する通信制高校にも入学 することになります。

■サポート校が必要とされる理由

○通信制高校は自学を中心とする学習方法ですので、通信高校から要求されるレポート作成や 単位認定試験に追いついていけずに脱落するケースも多く見られます。
せっかく入学した通信高校ですから、高卒資格を手にしないで辞めてしまうのは残念なことです。

こうした事態を防ぐために、学習面や心理的な側面からバックアップし、通信制高校を 卒業できるように導くのが サポート校の役割です。
体験学習やオリエンテーション、スポーツ大会などもあり、一般の高校と変わらないサポート校も あります。
それぞれ独自のカリキュラムや特色がありますので、関心がある場合には、幾つかのサポート校の 資料を取り寄せて検討する必要があります。

なお、サポート校のみを卒業しても、高卒資格とはなりません。

○不登校で高校休学中や中学校不登校中の生徒に対して、精神面のサポートや遅れている学習面を 支援しながら登校促進をはかるサポート校もあります。こうしたサポート校は、自らをフリースクール と称するところもあります。



カテゴリ内メニュー
サポート校のタイプ
サポート校と通信高校
サポート校 学費

TOP高校中退時の必要知識
copyright:7train all rights reserved.