通信制高校 入学の知識

通信制高等学校の入学資格・試験・入学時期の情報です

入学時に満15歳以上で中学を卒業していることが必要です。
年齢の上限はありませんので、社会人になって大分経過した人でも入学します。中学卒業見込みの人も受験することができます。

中卒資格がない場合には、入学資格がありませんので、中卒認定試験を受けて合格する必要があります。 既に高校に入学する年齢に達しているので、中卒認定を飛び越えて高卒認定を受験することも可能です。
高卒認定に合格した後に、通信制高校に進学するケースはほとんどありません。

願書を提出して受験の申込が必要です。
入学の選考基準として
@書類選考のみ
A書類選考+面接
B書類選考+面接+作文
C書類選考+面接+学力試験 上記の選考基準で合否を決めています。

私立の場合は@とAを選考基準にする通信高校が多く、公立の場合は、BとCを選考基準にしている 場合が多いといえます。
また、2学年以上に転入または編入を希望する場合の選考基準は学力検査のみで選考するという 学年制の公立校もあります。

【私立】
(入学)中学校卒業後高校に入学したことがない人は、4月・7月・10月・1月に入学できる場合が一般的です。 (転校)現在高校在学中の場合は、随時受け付けているのが一般的です。
不登校中や休学中も同様な扱いとなります。

(編入)高校を既に中退している場合は、4月・10月の募集か、転校と同じで随時受付が一般的です。

【公立】
公立の場合は、4月が一般的です。 欠員が生じた場合に9月に転入生または編入生を募集します。 学校により受入時期が 違う場合がありますので、関心のある学校の資料を取り寄せて確認する必要があります。

copyright: 7train all raights reserved