高校中退
義務教育の意味


高校中退した状態を義務教育の視点から解説します。
スマートフォンはこちらから

■義務教育は誰の義務?

小学校、中学校は義務教育ですね。
これは、君達に勉強する義務を課したものではなく、親や市町村に子どもを教育させる 義務(就学義務)を課したものです。
そしてこの義務を果たすためには、現行の小学校や中学校 という場所で教育させる必要があります。小学校や中学校以外の教育をしても就学義務を果たした ことにはなりません。

だから、親や国は子どもに対して学校に通わせる責任があるのです。
日本にいる外国籍の親に この義務はありません。
不登校児童生徒の著しい増加によって、フリースクールの出席日数を認めるなど就学義務の運用は 弾力的になりましたが、小学校や中学校に在籍していることが必要条件です。 

一般的な親は、義務があるなしにかかわらず、わが子はかわいいので、将来の子が困らないように教育を 受けさせることに一生懸命です。

周りからの勉強、勉強という言葉を聞くたびに嫌気がさすでしょう。
プレッシャーが蓄積されて精神的 ダメージに至ることもあるかも知れません。

でも、この段階が君達が社会から関心を寄せられる一番のステージにいるということを記憶に とどめてください。

■義務教育の子を取り巻く環境

一方、市町村には学校を造って運営していく義務があります。国には子どもたちの就学を保証する義務が あります。
ですから、市町村や学校は、15歳まではなんとか問題が起きないように通学して中学を卒業してほしいと 望んでいます。これは市町村の仕事の一部です。仕事として取り組んでいます。

君が働く場合でも、教育を受ける機会が十分なものとなるよう、事業所は義務教育に該当する子を一般の労働者 として雇用してならないという義務があります。
君を取り巻く環境は、15歳までは親だけでなくまわりの大人たちも君に多くの関心を寄せている状態にあります。

うっとうしいと思うでしょう。ほっといてほしいと思うこともしばしばでしょう。
でも、義務教育が終わると次第に君に関心を寄せる大人は少なくなります。



カテゴリ内メニュー
高校中退 社会的な孤立
高校中退 中卒学歴の意味

TOP高校中退時の必要知識
copyright 7train all rights reserved.
問合せ wtrain888@@yahoo.co.jp
ひとつ@を外してね