高校中退
中卒学歴の意味


高校中退学歴、閉ざされる社会へのアクセスについて

スマートフォンはこちらから

■高校中退からの就職

中卒で起業して成功した人たちの多くは、不屈の精神と並はずれた行動力、あるいは才能を兼ね備えた 人が多いです。そして運にも恵まれている場合も多いでしょう。学歴に関係なく自分の道を切り開くこ とができる人たちです。
しかし、日本の社会における圧倒的な多数派は、就職という選択をして自活する道を選びます。 高校中退して自活しようとすると、君達の大半は、やはり就職という道を選ぶことになると思います。
日本の企業では、学歴不問とする企業も多くなりました。確かに、企業で出世したり 高給取りになっている人をみても、エリート校出身でない人も多くなりました。学歴に関係なく 成果をあげた人が優遇されるようになったのです。
でも、だからといって学歴不問の時代だなんていう情報を鵜呑みにしてはいけません。
職歴もなく仕事のノウハウのない君達が就職する場合、企業が採用の判断基準にするのは 若い人が持つ潜在能力です。
その潜在能力を他の応募者と相対的に比較しながら、選抜します。 試験と面接だけでは判断材料不足ですから、当然学歴も参考にします。

今は、高校進学率97%、なかば義務教育化しています。人事担当者は、高校卒業が当たり前の状態と 思っています。今年の高校中退者数が何名いたとか、高校を中退する理由がどうだとかなどには関心がありません。
社員2〜3人の個人経営の会社であれば分かりませんが、組織体としての企業に就職を希望した場合、 中卒学歴では 始めから土俵に上がれないと考えたほうが適切と思います。

高校中退は、就職へのアクセスを極端に悪くします。 アルバイトやパートなどの非正規社員としての選択に頼らざるを得なくなる部分が多くなるでしょう。

■高校中退からの進学

日本の教育体制は、高卒資格または高卒認定資格がないと大学、短大、専門学校への受験資格がありません。
受け入れてくれる学校は、学校教育法上の1条校ではないところです。英会話スクールとかの各種学校は 学歴にはなりません。
海外の大学も、高校までの教育課程を修了することを受験資格としています。発展途上国は分かりません。

高卒資格ないし高卒認定資格がない場合には、進学へのアクセスは完全に閉ざされることになります。 仕事の場合よりも更にアクセスが悪い状態です。

高校を中退した時点では、学校へ行かなくとも将来への意欲が高い人はたくさんいます。
しかし、社会と接点を持ちたくてもアクセスできない状況を身を持って知ることになります。 意欲のある人にとって深い絶望感を味わう恐れが高くなります。



カテゴリ内メニュー
■高校中退 その意味するもの
高校中退 社会的な孤立
高校中退 義務教育の意味

TOP高校中退時の必要知識
copyright 7train all rights reserved.
問合せ wtrain888@@yahoo.co.jp
ひとつ@を外してね