アロマテラピーと
アロマセラピー


アロマテラピストとアロマセラピストの違いはなに?

アロマテラピーという言葉は、フランスの調香師ガットフォッセが作ったとされています。
言葉は比較的新しいものですが、ヨーロッパでは昔から行われていた療法です。
アロマセラピーはイギリス式、アロマテラピーはフランス式ともいわれますが日本では厳密な使い分けは されていません。
同じ用語に対する発音の仕方の相違と理解してよいのではないでしょうか。

イギリスでは、医療行為とは異なる民間療法として、医師でない人がアロマセラピーを用いています。
アロマセラピストは、エッセンシャルオイルを体内に取り込む施術をする人です。

一方、フランスでは、医師が医療としてアロマテラピーを用いています。
アロマテラピーは、エッセンシャルオイルを使って病気を治す治療方法です。
診断をしてアロマテラピーとしてエッセンシャルオイルを処方するといった具合です。

日本の法律では、医師でない人が医療行為を行うことを禁止しているので、考え方としては イギリス方式に近いといえると思います。


TOP:アロマ資格の一般知識に戻る
Copyright 7train All Rights Reserved
お問い合せ:object750@@yahoo.co.jp @をひとつ外してね。
プライバシーポリシーはこちら