アロマセラピー
アロマ効能効果

アロマテラピー(アロマセラピー)に期待する効果の解説


■アロマテラピー(アロマセラピー)の アロマは香り、テラピーは治療・療法という意味ですから、日本語では芳香療法と訳されています。
植物のもつ香りの臭覚刺激作用と薬効を利用し、アロマの知識に基づくカウンセリングやトリートメント技術 を用いて人間の心と身体を癒して健康を促進することを目的にしています。

最近では、ストレスによる免疫力が低下する人が増えて、それに起因する不眠症や胃潰瘍などの身体的不調を訴える 人が増加しています。
こうした人がアロマの施術を受けることは、ストレス解消に効果があります。

植物に人間のもつ自然治癒力を高める薬効があることを利用するアロマテラピーは、癒しの効果に優れた方法 であることが認められています。
その期待される効能効果を実現するためには、アロマテラピーを受ける人の体や心の状態を把握し、その人に適したエッセンシャルオイルを選択しなければなりませんね。
歴史的にみると、アロマテラピーは伝統医学の分野に入るものですから、ちゃんとした知識が求められます。

■アロマセラピストは、精油(エッセンシャルオイル)を利用する際に的確なアドバイスをしたり、様々な種類の精油をブレンドしたアロマオイルを用いてトリートメントをするお仕事です。
ひとに喜ばれる仕事ですので、仕事に対する誇りや使命感を感じることができます。
施術を受けて、穏やかな表情を取り戻した顧客の顔をみると仕事のやりがいを感じることと思います。


TOP:アロマ資格の一般知識に戻る
Copyright 7train All Rights Reserved
お問い合せ:object750@@yahoo.co.jp @をひとつ外してね。
プライバシーポリシーはこちら